引越し予約はいつ取るの?業者も自分も困らないタイミングとは

れな
新居も決まってあとは引越しするだけだね!
ちはる
引越しのタイミングって毎回困るのよね。引越し業者もたくさんあるから、そんなに焦って決めるものではないと思うけど、なんだかんだ毎回寸前になっちゃうの。
のぼる店員
寸前に予約してもらっても間に合わないことはありませんが、あまりゆっくりしていると損してしまう可能性もあります。一般的に引越しの予約は「1ヶ月前」といわれています。ただあまり知られていませんが、持っていく荷物の量や時期によって適切なタイミングが変わります!

イメージがつかない!引越し予約時期の早い例

以前お伺いしたお客様の中で「引越し先は決まったが引越し自体は半年先で、持っていくものもこれから決めるが大まかな料金を知りたい」という方がいました(こうした方は非常に多いです)。

しかしこの状況では引越し日が土日・祝日になるかもしれませんし、荷物量もあやふやでは的確なプランのご提供ができません。このようなときは、どんな状況になっても損をしないようなプランを出すか、「お引越し日が決まったら、もう一度呼んでください。」とお断りするしかありません。

その日に来た営業マンにもよりますが、条件が明確でない以上、明確な見積もりは出せないというのはどの引越し業者でも同じです。

戸建への引越しにはオススメ!?早めの予約で損しないためには条件を明確に!

早めの予約はデメリットばかりでもありません。先程のお客様の例では、引越し先が決まり半年先ではあるが土日しか休めないため「引越し日は土日」ということは決まっていて、家財の量もそれほど変わらないことから、“条件が明確”であると判断をしました。そうなれば、的確なプランをご提供することができます。

更に、引越し業界全体として引越し日の近い見積もりよりも、遠い見積もりのほうが値引きしやすいという傾向にあります。

理由としては半年後が忙しいか暇か分からなく、トラック自体も確保しやすいからです。持っていく荷物が多い場合トラックを複数台使うことも少なくないので、確保しやすいというのは、値引きにおける最大のメリットとなるのです。

また契約が早ければダンボールの配達時期も早くなるため、荷物量が多い場合は早めの見積もりがおすすめです。引越し以外のすべてが決まっていて、後は予約を取るだけという場合はすぐにでも見積もりを取りましょう!

のぼる店員
しかし、2月1日~4月30日の繁忙期(年によっては1月中も含まれる場合あり)については、あまりにも予約が早いと見積もり自体に来てくれないので注意しましょう。

トラックに空きが無い!引越し予約時期の遅い例

かわって今度は違うお客様で「引越し先が昨日決まり、月末までには新居に引越ししたい」という方のお話です。これだけ聞けば、よくある引越し事情だと思います。しかし、この見積もりをしていた日というのは月の下旬。つまり引越しまで1週間ほどしか余裕が無い状況です。実際にトラックの空き確認をしたところ、お客様の希望する日にちに空きがないという状態でした。

こうした話は季節を問わず下旬によく相談をいただきます(家賃の発生を抑えたいために下旬に引越しが集中します)。結果として、何とかお休みを変えて引越しを行ったり、引越し日を翌月上旬に変更し現在の住まいで延滞家賃を払うなど、お客様自信に何かしら負担してもらうしか対応できなくなってしまうのです。

家賃を抑えるために下旬に移しても、引越し料金は下旬に高騰するバランスになっているためよく考えて行動するのがよいでしょう。

引越しの荷物量が少ない場合は遅めの見積もり予約でもOK

トラックに空きが無い場合は上のような対応となってしまいます。しかし、引越ししたい日に使うトラックがたまたま空いていた場合、むしろ値引きがしやすいのも特徴です。

のぼる店員
営業マンからは「残っている最後のトラックなんです!」と言われるかもしれません。そうなったらチャンスです!

引越し日が近ければその日に引越ししたいという競争相手も少なく、引越し会社としてもトラックを余らせてしまっては機会損失になるため、強気で希望額を伝えてみましょう。予約が遅いと荷造りの時間も短くなってしまうので、ワンルームなどで一人暮らしをされている方か、これから一人暮らしをされるという方におすすめの方法となります。

また、あまりに引越し日が近すぎると上の通りトラックが空いてないことの方が多くなってしまうので、3週間前から、遅くても10日前までには予約をしましょう。

予約が遅い場合も、繁忙期の時期には注意して下さい。先ほどお伝えした「引越し日の3週間から10日前」には、午前プラン・午後プラン両方とも埋まっている場合が多いです。

自分の引越し先や荷物量に合わせて的確な時期に見積もりをしましょう。繁忙期については年によって差はありますが、2ヶ月前から1ヶ月前には予約を取るようにすると良いでしょう。

引越し業者の相見積もりを取る(引越し侍)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です