12月の引越し料金相場~値引き方法と見積もりを取るタイミング

12月の引越し料金相場をイメージしたイラスト
ちはる
新築戸建てを12月に購入し、新年はそちらで迎えたいので引越しを検討中です。12月の引越し料金事情について教えてください。
のぼる店員
年末の大掃除と引越しを同時におこなおうと考えている人が多いためか、12月の引越しは年末に集中する傾向にあります。そのため、年末の引越し料金は高いのですが、上旬から中旬にかけては引越し料金の安い時期が続き狙い目です。

12月は年末に近づくほど引越し料金が高くなる!

12月の引越し料金相場を示したグラフ

12月の引越し料金は、年末に近づけば近づくほど高くなっていく相場傾向にあります。

「年の瀬」ということで皆忙しく、12月の作業件数自体は少ないのですが、12月に引越しする人の大半が「新年を新居で迎えたい」「年末までは忙しいから、年末休みに引越ししたい」と考えているため、どうしても年末に作業が集中してしまいがちです。

年末の作業件数が多いということで、引越し業者としても作業件数を取り込みたいところなのですが、現場作業員たちの帰省に伴い、年末に近づけば近づくほどトラック稼働数が少なくなるため、普段よりも件数が取り込めないというのが年末引越しの現状です。結果として、年末引越しの見積もりをしたら営業マンから繁忙期並みの料金を提示されたなんてこともあります。

しかし、年末に引越しが集中することは決して悪いことばかりではありません。なぜなら、「年末に引越しが集中する=12月上旬~中旬土日に引越しをする人が減る」ということだからです。そのため、土日でしか引越しをできない人たちにとっては12月というのは隠れた穴場であるというわけです。

また、見積もりの時期さえ間違えなければ引越し業者も準備ができるため、年末引越しをお得におこなう可能性が見えてきます。

引越し侍バナー(広告) 引越し侍ボタン(広告)

12月上旬の引越し料金事情

12月上旬の作業件数は大して多くはないため、引越し料金も値引きしやすい傾向にあると言えます。ただし、相見積もりを取らなければ営業マンから「年の瀬ということで当社も忙しくて…」と値引きを渋られる可能性もあるため、引越し料金を安くしたいのであれば相見積もりは必須となります。

見積もりは11月上旬~中旬にかけて取るようにしましょう。

12月中旬の引越し料金事情

12月中旬も上旬に続いて引越し料金が安いと言えます。ただし、12月下旬に引越しを希望していた人が値引きのために日にち変更をおこなうとしたら、1月上旬か12月中旬のどちらかになることが多く、どちらかと言えば12月中旬の方が「年内に引越しできる」ということで選ばれやすいため、見積もりを取るのが遅くなると多少値上がりする可能性があります。

見積もりを取るタイミングとしては、12月下旬引越しの見積もりが増えてくる11月中旬ごろがよいでしょう。

12月下旬の引越し料金事情

12月下旬は年末需要で作業件数が多く、引越し料金も「夏の繁忙期」と同じくらいまで上がってしまうことが多いです。

また、年末時期の引越し見積もりはタイミングも重要です。引越し営業マンは12月になると、上司から「年末の作業については、単価がもらえなければ無理に契約してこなくてよいという指示が下されます。これは現場作業員の帰省に備えるためで、大幅な値引きをしてくれなくなってしまいます。しかし、11月中に見積もりを取れば引越し業者もまだ年末という意識が少ないため、売り上げを伸ばすために多少の値引き交渉には応じてくれるようになります。

そのため、12月下旬の見積もりは11月中、できれば上旬~中旬ごろに取るようにして、営業マンから値引きを引き出すようにしましょう。

引越し侍バナー(広告) 引越し侍ボタン(広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です