11月の引越し料金相場~値引き方法と見積もりを取るタイミング

11月の引越し料金相場をイメージしたイラスト
のぼる店員
11月は、6月と並ぶ引越し業界における閑散期であるため、引越し料金をとても安く済ませることができます。ただし、勤労感謝の日が月曜日又は金曜日だった場合は三連休となるため、そこに引越しが集中すると引越し料金が高くなります。

11月の引越し料金はかなり安い!閑散期で狙い目

11月の引越し料金相場を示したグラフ

11月は国民の休日が「勤労感謝の日」しかなく、人の移動がとても少ない特徴があります。引越し料金も閑散期である6月と並ぶほど安いと言われています。引越し料金を安くするために閑散期について言えることは以下の三つです。

  1. 相見積もりを必ず取る
  2. 土日に引越しが集中する
  3. 言い値が通りやすい

見積もりのコツは、言い値を小さく刻んでいくのではなく「半額になりませんか?」と大胆に自分の希望額を伝えることです。作業件数の少ない時期の引越し業者は件数を取ることに飢えているので、本当に半額にできる業者も多いからです。

引越し業者の一括見積もりを取る

11月上旬の引越し料金事情

11月上旬は年間を通しても作業件数が少ない時期と言えるため、引越し料金も「安い」相場となります。作業件数が少ない時期の引越し業者というのは、顧客からの値引き交渉に対してとても寛容になるため、こちらが相見積もりを取ることを怠らなければ、大幅な値引きも可能です。

値引きを上手く引き出すためには、遅くても10月上旬の最終土日には見積もりを済ませておきましょう。

11月中旬の引越し料金事情

11月中旬も、上旬に続いて引越し料金の安い時期となります。引越し業者を優位に立たせないために相見積もりを取り、ここにまとめた閑散期の見積もりのコツを実践すれば、11月中旬の引越し料金が高くなるということはまずないでしょう。

11月中旬引越しの見積もりは、念のため10月中~下旬の内に取っておくようにしましょう。

11月下旬の引越し料金事情

他月の下旬に比べれば引越し料金は安いと言えますが、国民の休日である「勤労感謝の日」が月・金曜日であった場合は三連休となるため、普段の土日よりも1.5~2倍ほど引越し料金が高くなるので注意して下さい。

勤労感謝の日が火~木曜日であった場合、人気日は11月最終土日となり、こちらも普段の土日に比べて1.5倍ほど料金が高くなることが予想されるため、見積もり時期についても普段より早い10月上旬~中旬に取っておいた方がよいと言えます。

引越し業者の相見積もりを取る(引越し侍)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です