9月の引越し料金相場~値引き方法と見積もりを取るタイミング

9月の引越し料金相場をイメージしたイラスト
ちはる
10月からの辞令で夫の転勤が決まり、この9月中に引越しの準備をすることになりました。9月の引越し料金事情について詳しく教えてください。
のぼる店員
9月は転勤や単身赴任の引越しが増え、引越し料金としては高い相場で推移します。またカレンダーの都合でシルバーウィークがある場合、その期間中も料金が高くなります。全体的に見ても9月は「料金が高い」月と言えるでしょう。

9月も引越し料金は相変わらず高い

9月の引越し料金相場を示したグラフ

「夏の繁忙期」と呼ばれる8月が終わり、9月になれば引越し料金は安くなるのではないかと考えて、引越し作業を8月ではなく9月に先送りする方は意外と多いです。それ自体に間違いはないのですが、「9月の引越し料金は安いか」と聞かれれば答えは「ノー」です。

8月ほどではないものの、9月も年間で見れば作業件数が多い月であるため、安易な気持ちで見積もりを取ると営業マンの出し値にびっくりすることになります。

特に9月は単身赴任や転勤に伴う引越し依頼が非常に多いです。仕事関連の引越しについては、会社から引越し業者を指定され、かつ大手業者であることが多いため、大手と中小の料金差が大きいのも9月の特徴と言えます。

9月上旬の引越し料金事情

9月上旬は仕事関連の引越しがまだ少なく、大型連休もないため唯一引越し料金が値引きしやすい時期と言えます。作業依頼が少ない時期の見積もりのコツは「相見積もりを取っている」と営業マンにしっかり伝えることです。トラックの空きに余裕がある状態であれば、それを営業マンに伝えるだけで簡単に値引き交渉へと進めることができます。

見積もりを取るタイミングは、8月上旬から中旬の間に取るとよいでしょう。

9月中旬の引越し料金事情

9月中旬については、敬老の日を含む3連休に人気が集中します。引越し料金が高くなるのはもちろんですが、早めの見積もりを取らないとすぐにトラックが埋まってしまうため、3連休中に引越しをしたいという人は早めに見積もりを取るようにしましょう。また、9月中旬から会社関連の引越しが増えるため、日を追うごとに引越し料金も上がっていく傾向にあります。

見積もりを取るタイミングは、他の人達がまだ見積もりを取っていないことを見越して、一ヶ月以上前である8月上旬ごろがよいでしょう。

9月下旬の引越し料金事情

9月下旬は会社関連の引越しが非常に多くなります。なぜなら10月1日から部署異動、転勤を言い渡される人が多いからです。9月上旬~中旬の時点で荷物だけを赴任先へ送ってしまう方も中にはいますが、大半は下旬にまとめて引越しをするため、個人で引越しをされる方にとってはつらい時期になります。

大幅な値引きは期待できませんが、会社関連の引越しについては使用業者を指定されることも多く、かつ大手業者であることが多いため、個人で見積もりを取る際は大手ではなく中小業者を利用すれば値引きを期待することができます。

見積もりを取るタイミングとしては、8月中旬ごろがよいでしょう。

引越し侍バナー(広告) 引越し侍ボタン(広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です