10月の引越し料金相場~値引き方法と見積もりを取るタイミング

10月の引越し料金相場をイメージしたイラスト
ちはる
夫が10月1日付で転勤することになったのですが、急には引越しできないということで、夫以外の私たち家族は10月に引越しをしようと考えています。10月内で引越し料金を安く済ませられる時期はありませんか?
のぼる店員
ちはるさんのように、ご主人の急な転勤に合わせて引越しをする家庭が10月上旬に多く、引越し料金も高い相場で推移します。下旬も他月同様に引越し料金は高いため、安く引越しを済ませたいのであれば中旬がおすすめです。

10月の引越し料金は上旬と下旬が高い!

10月の引越し料金相場を示したグラフ

引越し業界の10月は、平均で見れば引越し料金は安い相場です。しかしピンポイントな需要があるため、10月のどこで引越しをするかが重要となります。

また、国民の祝日である「体育の日」を含む三連休については、引越しのしやすさから料金も高くなるため注意が必要です。10月のみならず三連休中の引越しについては、最終日、初日、中日の順で引越し料金が高くなるため、それを見越した見積もりを取るようにしましょう。

引越し業者の一括見積もりを取る

10月上旬の引越し料金事情

部署異動・転勤などの会社都合でおこなう引越しが急に決まった場合、現住所での手続きや引越しの準備に時間がかかるということで、働く本人だけは9月中に引越し、残りの家族は10月に入ってから引越しするというケースは意外と多いです。10月上旬の引越し件数は他月の上旬に比べても多く、引越し料金も高くなっています。

しかし、10月上旬に引越しをするすべての人の引越し料金が高くなるとは限りません。なぜなら、転勤に伴う家族の引越しは大きなトラックを用いて長距離移動をすることが多いため、小さなトラックしか使わない単身者の引越しについてはこの影響を受けにくいと言えるからです。

そのため、単身者については、10月上旬も安く引越しできるチャンスがあると言ってよいでしょう。

見積もりを取るタイミングは、まだ他の人が10月の見積もりを取っていないことが多い8月下旬から9月上旬ごろがよいでしょう。転勤に伴う引越しを二回に分けると決めている場合、二回目の引越しについても一回目の引越しの見積もりのときに営業マンへ相談しておくと更に値引きしてくれる可能性があります。

10月中旬の引越し料金事情

10月中旬の引越し料金は「安い」傾向にあります。ただし、「体育の日」を含む三連休中に引越しを考えている人たちの第二候補日は10月中旬土日にであることが多いため、見積もりが遅くなればなるほど料金が高騰してしまいます。

そして10月頃から日の入りが早くなるため午後便の人気が下がっていきます。普段から午前便よりも午後便の方が安いのですが、このような理由から春夏に比べると秋冬の方が料金に差が開きやすいと言われています。

「午後からでも作業は間に合う」と営業マンから言われた場合、10月であれば引越し作業を午後便にするだけで大きな値引きチャンスと言えるでしょう。

見積もりを取るタイミングは、9月中旬ごろに見積もりを取れば余裕を持って値引き交渉に臨めますが、9月下旬や10月上旬であっても契約自体はできるので、ゆっくりで構わないでしょう。

10月下旬の引越し料金事情

10月下旬は特に大きな連休はありませんが、引越し料金は高くなる傾向にあります。安く引越しを済ませたいのであれば下旬を引越し日に選ぶべきではないでしょう。

また、11月上旬からは大幅な引越し料金の値引きが始まるため、もし11月上旬まで引越しを延期することができるのであれば、無理に10月下旬に引越しをせずに11月上旬まで待つようにしましょう。

引越し業者の相見積もりを取る(引越し侍)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です