クレジットカードの優待を使っても引越し料金は安くならない

ちはる
私が使っているEPOSカードの優待を利用するとアート引越センターの引越し料金が25%引き梱包セット、洗濯機の設置も無料になるみたいです!これはすごい!(※)
のぼる店員
クレジットカードの優待を使った場合と、使わなかった場合、実は提示される料金差に違いはありません。「引越し」はそもそも値引きありきのサービスですから、優待を使うとかえって騙されやすくなる恐れもあります。

※2018年6月現在。割引やサービスの内容は時期によって異なります。

クレジットカードの引越しサービス優待のカラクリ

EPOSクレジットカード(プラチナ)

実はクレジットカード会社と引越し業界とは切っても切れない仲にあり、大小関係なく多くの引越し業者の割引きサービスが仕込まれています。

どんな引越し業者のクレジットカード優待も「20~30%オフ」と大幅な割引き率が記載されているため、「クレジットカード優待を使わない手はない!」「この一社に決めた!」と思うでしょう。

この話を鵜呑みにして割引が適用される引越し業者一社で見積もりを終わらせてしまうと、間違いなく損をします。

クレジットカード優待を使った引越し料金の値引きイメージ

クレジットカードの優待サービスは営業マンの提示する出し値を基に割引きします。しかし、時期や曜日、トラックの空き状況、作業員の出勤状況など、需要と供給のバランスによって常に料金が変動するため「引越しの定価」は存在しません。

従って、事前に私たちが引越し料金の定価や相場を知るということは難しいのです。仮にボッタクリ価格を提示されてしまうと、どんなに割引き率が高くても引越し料金は高いままなのです。

しかも、顧客に対して自然に値引きパフォーマンスを見せられるチャンスでもあるため、結果として営業マンから騙される可能性が高くなります

のぼる店員
しかし、優待は使い方によって非常に強力な武器となります。次は、引越しにおけるクレジットカード優待の有効な使い方について紹介をします。

カードの優待を利用したいと「事前に」伝える

元引越し営業マンである私の経験上、引越し料金のクレジットカード優待を使いたいという人は、「優待付きのクレジットカードを利用して引越し料金を支払う」ことで優待を自然に受けられると思っている方が多かったです。

しかし、優待付きのクレジットカードを使っても引越し料金の割引は受けられません

優待を受けたい場合、引越し業者へ見積もりを依頼する電話の中で「○○カードの優待を利用したい」と事前に伝える必要があります。これは、クレジットカード優待を付与しているすべての引越し業者共通の決まり事です。

補足・・・
優待を付与するクレジットカード会社は、それが利用されると引越し業者からマージンを受け取れる仕組みになっています。その事務処理の関係で引越し業者に事前に伝えておく必要があるのです。 

この段取りを無視して見積もり中に営業マンへ優待の話をしても「見積もり予約の時点で伝えてくれないと、優待は使えません」と取り合ってくれません。

もちろん、見積もり登録をし直したり営業マンに相談すれば対応してくれる場合もありますが、どちらにしろ面倒な作業です。引越し料金のクレジットカード優待を利用したい場合、必ず見積もり依頼の時点で優待の存在を伝えるようにしましょう。

引越し料金の値引き交渉にクレジットカード優待を利用する

引越し料金は営業マンのさじ加減によって算出されるため、クレジットカード優待を使うだけでは大きく値引きしてもらうことができません。

引越し業者はできるだけクレジットカード払いの顧客を「現金払い」にしてもらいたいので、営業マンから「現金払いに変えてくれるなら更に値引きします」と現金特価価格を提示されます。

引越し業者にとってクレジットカード払いを選択されると、決済手数料やマージンなどコストがかさむからです。

各支社では営業マンに対して「カード払いから現金払いに変えてくれる人がいるなら、大幅な値引きでもOKを出すぞ」と朝礼で通達することも多く、「クレジットカードを使いたい」とあなたが営業マンに伝えるだけで「安くするので現金払いにしてくれませんか」という言葉を引き出すことができるのです。

さらに、クレジットカード優待を申請していれば、元々付いていた割引きを適用した後に更なる料金値引きを狙えるわけですから、普通にクレジットカードを利用した時よりも確実に料金が安くなるというわけです。

相場観は重要!足元をすくわれる可能性もある

前項で解説したように、優待を利用するには見積もり前にそれを伝える必要がありました。従って、営業マンによっては現金特価へ変更することを見越して、カード払い時の引越し料金をボッタクリ価格に設定してくる場合もあります。

しかし、以下のような方法を取ればそれを防止できます。

POINT

  • クレジットカード優待のない引越し業者から、カード払いと現金払いの料金差を教えてもらう。
    クレジットカード優待のある会社の方が大幅に高い場合は怪しい。
  • 相見積もり中、一社だけ現金払いのみで話を進め出し値を確認する。
    クレジットカード優待のある会社の現金特価が、出し値よりも高い場合は怪しい。

相見積もりを取って他社から料金を聞き出し、あなたの引越しの相場観を確かめればボッタクられるリスクを大幅に減らすことができます。

キャンペーン中はカード優待を積極的に利用する!

多くの引越し業者は期間限定でマイレージやポイントが2倍になるキャンペーンをやっています

こうしたタイミングや、家族引越し、3〜4月の繁忙期など「引越し料金が高くなることをわかっている」場合は積極的にクレジットカードを利用していきましょう。

さらに、値引き交渉としてクレジットカード優待を利用する場合でも、ポイントやマイレージの話を振れば、細かい営業マンならマイレージ分、大雑把な営業マンならそれ以上の金額を値引いてくれるはずです。

マイレージやポイントの付与率について確認しつつクレジットカード払いを利用していけば、必ずしもクレジットカード払い=損とはなりません。

相見積もりの準備をしながらクレジットカードの優待を利用する

  • 事前に値引きが確定している分ボッタクリ価格を提示されることがある
  • 現金特価を引き出す交渉の材料として使うことができる
  • 引越し料金の金額によってはクレジットカード払いのままポイント・マイレージを貯めた方が良い

結論としては、「クレジットカード優待の会社のみ見積もりを取る」ということをしない限り、積極的にクレジットカード優待の申請をするべきだと言えます。

問題なのはクレジットカード優待の存在ではなく、顧客の無知を利用してボッタクろうとしてくる悪質な営業マンです。

すべての営業マンが常に顧客をボッタクろうと考えているわけではありませんが、カードの利用がかえってあなたを騙しやすい環境にさせている以上、営業マンの出し値には常に注意をしなければいけません。

引越しで損をしたくないというのであれば、クレジットカード優待のある会社だけを信用せず、優待の存在しない引越し業者の見積もりについても複数社取っておく必要があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です