単身パックは損!単身引越し料金を安くするその他の3つの方法

単身パック以外の手段で引越しする場合
れな
この度一人暮らしを始めることとなりました。引越し業者の単身パックは定額料金だと聞きましたが、値引きをしてもらえるのでしょうか?家財は少なく同市内での移動なので、引越し料金をできるだけ安く抑えたいです。
のぼる店員
引越し業者の用意している単身パックは定額なので値引き交渉はできません。しかし、「一名の引越し」として訪問見積もりをしてもらうことで、家族引越しと同じように値引き交渉が可能です。また、単身者の引越しにかかる時間はとても短いので、午前便よりも午後便やフリー便で契約すると安くすることができます。もちろん相見積もりを取れば、さらなる値引きも期待できますよ!

単身者の引越しは引越し業者の「単身パック」だけではない

今まで引越しをしたことがない人にとっては、単身者が業者に引越しを任せる=定額の「単身パック」をまず考えるはずです。しかし定額の単身パックを扱っている引越し業者はとても少なく、かつ値引きもできず融通も利かないためおすすめできません。

多くの引越し業者では顧客対象が単身者であっても訪問見積もりで家財の量を確認し、その場で料金を算出しているため、まずは一括見積もりサイトなどを利用することをおすすめします。

値引き交渉についても、家族の引越しと比べて時間やトラックの融通が利きやすいため成功しやすいと言えます。場合によっては営業マンの出し値の半額まで引越し料金を下げることも不可能ではないため、営業マンへガンガン交渉をかけていきましょう。

また、単身者の引越しであれば、引越し業者に任せなくても安く抑える方法は色々あります。

単身者の引越しを安く抑える方法

まず、単身者の引越し見積もりにおいて、荷物を減らして引越し料金を値下げしてもらうことはほぼ不可能です。なぜなら、引越し業者は荷物の数で引越し料金を決めているのではなく、トラックの大きさによって料金を決めていて、単身者引越しの大半は引越し業者が所持しているトラックの中でも一番小さい2トンショート(1.5トン)車でおこなわれるため、これ以上車両の大きさを下げることはできないからです。

そのため、営業マンから「2トンショート車よりも大きな車を使用する」と言われた場合を除いて、以下のような荷物の減らす以外の値引き交渉をしなければいけません。

①相見積もりを取る

引越し料金を一番効率よく値引きする方法は、複数の業者に見積もりをしてもらう「相見積もり」です。引越しの営業マンは、その場で契約をしてもらう「即決」を常に会社から求められているために、こちらが「他の会社の見積もり金額も見たい」と言っただけで簡単に値引きをしてくれます。

相見積もりを武器に値引きをおこなってもらった後、その提示額や営業マンに満足していればその場で契約してもいいのですが、さらなる値引きをしたいというときは一旦契約を保留にして、二社目の引越し業者を呼ぶことをおすすめします。

二社目の引越し業者が到着した際に、一社目の見積書を営業マンに見せながら、「さっきの会社はここまで値引きをしてくれました」というだけで、一社目よりも安い引越し料金が提示されることが多いからです。

引越しの値引き交渉において、最大の武器は「他社の見積書」です。他社の見積もり金額を見せられた後に、それよりも高く見積もり金額を出すことは、「絶対にうちで契約してもらえる」という自信が営業マンに無い限りできません。そういった営業マンの心理を利用することで、引越し料金は簡単に値引きをすることができるのです。

②午後便・時間フリー便を利用する

家財の量が多い家族分の引越しは午前中から作業しなければ一日では終わらないため、引越しプランの中でも一番高い「午前便」を選ばざるを得ないのですが、家財量が少ない単身者の引越しにおいては、午前便の半額程度で引越しができる「午後便」や「時間フリー便」を選択することができます。

ただし、午後便や時間フリー便は読んで字のごとく、午後便であれば現場作業員が到着するのは午後以降、時間フリーの場合は引越し日前日になるまで到着時間が分からないというデメリットもありますので、利用の際には営業マンとよく相談をしてからにしましょう。

③ダンボールのみの引越しなら宅急便を利用する

クロネコヤマト営業所

もし、新居に運ぶ家財がダンボールのみである場合は、引越し業者を利用するよりも宅急便を利用した方が安いこともあります。

単身者の引越しに使うダンボールは約20個と言われているのですが、宅急便を利用して新居へダンボールを20個運んだ場合、ダンボール代も含めて約2万円で収まることが多いため、引越しの見積もりを取ってみて2万円を超える料金を提示された場合は宅急便も視野に入ってくると言えます。

しかし、宅急便を利用する上では「送った当日中に家財は到着しない」という大きなデメリットも存在するため、あまり引越しに時間をかけられない人は利用するべきではないと言えるでしょう。宅急便を利用しての引越しについては、下記の記事でもまとめていますので、ぜひ参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です