相見積もりなし(一社だけ)で引越しの見積もりを取る注意点~値引き交渉術と業者選びのコツ

引越し業者を1社だけ見積もりを取る注意点
ちはる
引越し見積もりサイトを使えば引越し料金を値引きしやすいということは理解できました。しかし引越し業者からたくさん電話がかかってきたり、見積もりを何社も取るのは面倒なので、1社に絞って見積もりを取りたいです。
のぼる店員
相見積もりを取らずに引越し業者を決めるときのコツは、引越し業者に相見積もりを取っていないことを気付かれないようにすること前回利用していても最初は隠しておくということです。この2つを抑えれば、1社しか見積もりを取っていなくても相見積もりを取るときと同じ程度の値引きをすることができます。

見積もりを取る引越し業者を決めるときは、広告やチラシに書いてある引越し料金や割引額に惑わされないようにしましょう。しかし、初めて引越しの見積もりを取るのというのであれば、やはり相見積もりを取ることをおすすめします。

引越しは相見積もりを取らないと値引きできないの?

引越し料金の値引き交渉術の中で、1番簡単で手っ取り早い方法は何かと聞かれると、それは相見積もりを取って他社の見積書を武器に値引き交渉していくという方法です。

しかし、相見積もりを取るということは、何回も引越しの営業マンと同じ話をするということですし、引越し見積もりサイトを使って予約すれば鬼のように電話がかかってくることになるため、見積もりを取る側からすればとても面倒な作業です。

また、中には以前使った引越し業者を気に入っていたため、再度利用したいという方もいるかもしれません。

そこで、今回は1社しか見積もりを取らないときの値引き交渉術にについて解説したいと思います。相見積もりを取る方法に比べれば多少コツがいるのは事実ですが、そのコツさえ知っていれば、1社の見積もりだけでも相見積もりを取るときと同じように引越し料金を下げることができます

引越しの相見積もりを取らずに値引き交渉する

営業マンに相見積もりを取っていないことを伝えない

引越しの営業マンが見積もりに来ると、よく「相見積もりは取っていますか?」と聞かれます。この問いに対して正直に「今回は相見積もりを取っていない」と伝えてしまえば、大幅な値引きをしてもらうことは実質不可能になります。

なぜなら引越しの営業マンも馬鹿ではなく、相見積もりなしと伝えるだけで「相見積もりが面倒なのだろう」「当社を贔屓にしている業者だから1社しか見積もりを取っていないのだろうと、こちらの意図を簡単にくみ取られてしまうからです。

そのため、料金提示の前に相見積もりなしであることを伝えてしまえば、通常よりも高額な出し値からスタートさせて、値引き交渉時にも強気な態度で来られ、最終的には大幅に値引きをしたように見せるパフォーマンスをされて見積もりが終了してしまいます。

これを防ぐためには、まず「相見積もりは取っている」という体で見積もりを開始し、料金提示がなされた後に「〇〇万円まで下げてくれれば他業者の見積もりは断ります」と営業マンに伝えるようにしましょう。

引越しの営業マンにとって一番怖いのは、契約をした後から他社に見積もりをされてしまうことです。引越しの契約は厳密な契約書が存在しないため、契約後でも他社に見積もりを頼むことができますし、当然キャンセルも標準引越運送約款で決められた日数以前であれば無料ですることができます。

営業マンに対して引越しをキャンセルされるリスクはないという安心感を植え付けて、自分の希望額を伝えながら値引きを引き出すようにしましょう。

前回利用(リピート)であっても引越し業者に伝えない

お客様の中には見積もりが始まるとすぐに「あなたの会社はいつも丁寧だから、何回も利用させてもらっているの」と前回利用であることを教えてくれる方がいるのですが、もし値引き交渉をしたいというのであれば最後の最後までこの言葉は取っておきましょう。

何となく前回利用と伝えれば、リピーター割引きで値引きしてくれるような気がしますよね。しかし、これは「前回良い印象だったから呼んでいる」と営業マンに伝えているようなものなので、出し値を高く設定される原因になりかねません。

「前回〇〇万円だったから呼んでいるのよ」と前回の引越し料金を先に教えてくれる方もいるのですが、これも危険な行為です。なぜなら、今回の引越し料金が前回よりも高いか安いか分からないからです。

提示された引越し料金が前回よりも高いということで、前回の引越し料金を伝えるやり方であれば問題ないのですが、料金提示より先に前回の料金を伝えるということは、前回の引越し料金よりも安くできるチャンスを自分から捨てているのと同じです。

以上の点を踏まえると、前回利用であることを伝えるべきタイミングは、料金提示がなされた後、前回の引越し料金が今回提示された引越し料金よりも安いときであると言えるでしょう。

一社のみの見積もりを予約する注意点

相見積もりを取らないときは値引き交渉だけでなく、見積もりを取る引越し業者の選び方にも注意が必要です。

安すぎるチラシや広告を掲げる引越し業者は選ばない

家のポストに投函された、名前も聞いたことのない小さな引越し業者のチラシに書いてある激安の引越し料金目安を見て、その引越し業者の見積もりだけを取ろうと考えている人は多いと思いますが、そのチラシは「罠」です。

基本的に、引越し業者の広告やチラシに記載されている引越し料金の目安はまったくあてになりません。あれはあくまで概算という名の客寄せ用広告であり、実際に見積もりに呼んで算出された引越し料金は、広告に書いてある料金とはかけ離れたボッタクり価格であることが多いです。

相見積もりを取っていれば後から来た他社に引越しを任せればいいとなりますが、一社しか見積もりを取っていない場合は、そのボッタクり業者と契約してしまうか、もう一度他の引越し業者の見積もりを取るかのどちらかしか選択肢はありません。

せっかく一社の見積もりだけで決めたかったというのに、これではただの二度手間です。一社しか見積もりを取らない場合は、小さな引越し業者ではなく大手引越し業者に見積もりを依頼する方がボッタクられる心配も少ないためおすすめです。

不動産屋から紹介された引越し業者も要注意

新居を契約した不動産屋からも引越し業者を紹介してもらえることがあるのですが、紹介先が一社しかなかった場合は特に注意が必要です。

不動産が引越し業者を紹介している理由は、あなたが契約した引越し業者から仲介手数料をもらえるからです。この仲介手数料は、あなたの引越し料金に比例して高くなっていくため、一社しか紹介してもらえなかった場合は不動産屋と引越し業者が結託している可能性があります。

もちろん、使い様によっては上記の値引き交渉術に加えてさらなる値引きを引き出すことも可能です。不動産屋から引越し業者を紹介された場合は下の記事もご覧ください。

初めて引越しする場合は可能な限り相見積もりを取る

相見積もりなしで引越し業者の見積もりを取るときの注意点は以上となりますが、元引越し営業マンである私から言わせてもらえば、一社のみの見積もりは初めて自分で引越しの見積もりを取る方や、引越し自体が初めてであるという方にはおすすめできません。

なぜなら、相見積もりを取っていれば気にしなくていいことを、わざわざ気にしながら慎重に見積もりを取る必要があるからです。

もしこちらが相見積もりを取っていないことを引越しの営業マンにバレてしまった場合、こちらが強気に出ただけで「当社はもうこれ以上下げられないので、もし承諾できないのであれば、よその業者に任せてもいいんですよ?」と、スタンスを変えてくることがあります。こちらも相見積もりを取るのが面倒で一社に絞っているわけですから、こう言われてしまうと営業マンの提示額を呑むしかありません。

また、一社しか見積もりを取らないということは、引越し業者ごとに違う作業品質の吟味を一切しないということになるので、もし引越し当日にトラブルに苛まれた場合は後悔もひとしおであると言えるでしょう。

もし相見積もりを取っていたとすれば、営業マンの提示額や品質に満足できなければ「それなら他の引越し業者の見積もりを取ってから決めます。」とこちらから断ることも容易なため、見積もりを終始有利な状況で進めることができます。一社だけしか見積もりを取らずに、自分の満足する金額と作業品質を提供してもらうことがベストではありますが、後になって「やっぱり相見積もりを取っておけばよかった!」となることは非常に多いです。

そのため、新築タワーマンションの引越しなど利用できる引越し業者が決められている場合や、時間的に相当余裕がない場合を除いては、引越しの見積もりは相見積もりを取った方が安心できると言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です