アーク引越センターの評判・口コミ~引越し料金は安いがサービス・品質に不安

アーク引越センターのイメージ

日本には全国で4000社の引越し業者があると言われています。そのため、「引越し侍」などの引越し見積もりサイトを使って複数の業者から見積もりを取ると、名前も聞いたことのない中小引越し業者からの連絡に困惑してします。

そんな中でも飛び切りややこしい名前であるのが、大手引越し業者の「アート引越センター」と「アーク引越センター」です。

会社のロゴなども「0123」のアート引越センターに対して、アーク引越センターは「0003」としているところなども笑ってしまうほどほどに似ています。「先程相見積もりを取ったアート引越センターの見積書です。」と言いながらアーク引越センターの見積書を見せてくるお客さんもいます。

今回はアーク引越センターがどんな引越し業者であるのかまとめていきたいと思います。

アーク引越センターってどんな会社?

アーク引越センターは昭和55年創業の引越し業者であり、全国に20店舗ほどの中小引越し業者です。

全国に20店舗しかないと言ってもそのフットワークはとても軽く、支社から片道1時間以上先にある家への見積もりなどにも来ることのある業者で、引越し見積もりサイトで見積もり予約をすると必ずと言っていいほど候補に挙がる(電話をかけてくる)引越し業者です。

そもそもアート引越センターと名前が似ている理由は、インターネットがまだ普及していない時代に、タウンページなどの電話帳から引越し業者を探し、自分で電話をかけて見積もり予約を取る方法が主流だったからです。

日本通運などの名の知れている業者であれば、名前に工夫をしなくても見積もり予約の電話はかかってくるでしょうが、当時はまだお金を払って引越しを頼むという文化が浸透していなかったために、引越し業者が考えたものは「名前を『あ』から始まるものにしよう」というものでした。

実際に、今では大手引越し業者である「サカイ引越センター」も、以前はアート引越センターに対抗して「アーイ引越センター」という何とも気の抜けた名を名乗っていたという経歴があるほどです。

そのため「アーク引越センター」という名前がアート引越センターと似ているというのは、企業の涙ぐましい戦略の結果であると言えるのですが、作業面・品質についてやはり中小引越し業者ということで、「安かろう悪かろう」の面が強く表れている印象です。

①アーク引越センターの作業員は土地勘が鈍い

大手引越し業者であれば、東京23区内であれば3~4区に一個感覚で支社があり、普段から同じような場所で引越し作業をおこなうため、新入りでもすぐに土地勘が養われていくものなのですが、アーク引越センターは東京には八王子支社しかないため、一つの支社が賄う引越しのエリアが大手業者よりも圧倒的に広く、いつまで経っても土地勘が養われません。

引越し作業をおこなう上で土地勘というものは非常に重要です。なぜなら、引越しには乗用車より幅も長さもあるトラックを使用するわけですから、今自分の走っている道がどういう道なのかが分からなければ、もしかしたら前にも後ろにも進めなくなる可能性が出てくるからです。

また、引越しでは時間制限付きの進入禁止などの地元民しか分からない情報も重要であるため、これを知らずに引越しするというのは非常に危険です。

さらに、営業マンに関しても同じことが言えるため、見積もりの時点でプランが破綻していることも多いです。引越しの営業マンがわざわざトラックを複数使うのには、そうしなければいけない理由が必ず存在します。それらを理解できていないことの多いアーク引越センターは、良い引越し業者であるとは言えないでしょう。

②アーク引越センターに長距離引越しを任せてはいけない

アーク引越センターは全国に20しか支社が存在しないため、長距離引越しを任せるには少し不安が残ります。

アーク引越センターの支社が存在しない都市への長距離引越し(作業に二日以上かかる引越し)をアーク引越センターと契約した場合、現自宅での引越しはアーク引越センターが、移送にはアーク引越センターでない別業者Aが、新居での引越しには地元の引越し屋さんBが携わることが多く、責任の所在がバラバラになります。

基本的に上のような手法を取られた場合、家財の紛失・物損が起きた際には自分の目で見たもの出ない限り保証してくれることはありません。そのため、アーク引越センターは長距離引越しに向いていない引越し業者であると言えるでしょう。

③アーク引越センターはオリコンランキングが低い

アーク引越センターは、引越し見積もりサイトを利用すると必ずと言ってもよいほど見積もり候補に挙がる業者であるため、見積もりを取る機会自体は多いです。そして、オリコンランキングというものは引越し件数の母数が多い大手よりもアーク引越センターのような中小引越し業者の方が有利であるというのが現状です。

それなのにも関わらず、オリコン引越しランキングにおいてのアーク引越センターの立ち位置は非常に低いです。

まず、近々である2018年オリコン引越しランキングでは、総合ランキング・評価項目別・男女別において圏外。地域別でみると東北内で総合6位、単身者のみのランキングでも総合7位と顧客満足が非常に低いことが伺えます。

これは決して2018年だけではなく、2016、2017年ともに総合8位と決して評価の高い引越し業者ではないということが分かります。

もちろん、オリコンランキングとは引越しをした本人たちの口コミによるランキングであるため、多少の贔屓が入ることもあるでしょうが、オリコンランキング圏外の引越し業者がランキング圏内の引越し業者よりも勝っているということは、かなり珍しいことであると言えるでしょう。

アーク引越センターで見積もりを取る際の注意点

作業・評判の両面で見てもあまりよい印象のないアーク引越センターですが、見積もりに来る営業マンの質も良くはありません。

①アーク引越センターの営業マンは対応が遅い

営業マンは個人によって評価が変わるため、一概には言い切ることは難しいのですが、私の知る以上アーク引越センターの営業マンは対応がとても対応が遅いです。

中小引越し業者では、大手引越し業者であれば営業と現場作業員の分業がされているため、会社用の携帯に連絡があれば、少なくても見積もり後に折り返すことができるのですが、営業と現場作業員の兼業だと作業が終わってはじめて折り返しをすることができるため、レスポンスは非常に悪くなってしまいます。

さらに言えば、「現場作業疲れたな。折り返しは明日でいいか。」と当日の折り返しをすることなく、電話があったことすら忘れてしまうことあるために、付帯作業の変更などがあった場合が非常に危険状態に陥ることもあります。

そういった際は引越し業者本体に連絡をすればいいのですが、アーク引越センターの受付対応はかなり評判が悪いため、本当に対応してくれているか不安が残ります。こういったところからも、中小引越し業者が中小たる理由がうかがい知れるでしょう。

②アーク引越センターの提示してくる引越し料金は安い

ここまで散々酷評をしてきたアーク引越センターですが、引越し料金の一点だけにおいては他の引越し業者よりも安いという特徴があります。

もちろんどの中小引越し業者でも言えることではあるのですが、知名度や品質保証の面で大手引越し業者と肩を並べられない以上、中小引越し業者は値段で勝負するしかありません

極端な話をすれば、物損事故や紛失が起きない限り現自宅から新居まで家財を運ぶという作業に関しては大手も中小も差はありません。起きるかどうか分からない事故に対する保証を取るか、事故は起きないと信じて引越し料金を取るかはあなた次第ではありますが、少なくてもアーク引越センターの提示してくる引越し料金は大手よりも安い場合が多いです。

大手引越し業者への対抗馬としてアーク引越センターは見積もりに呼ぶべき

以上の点を踏まえると、アーク引越センターについては以下のようなことが言えます。

  1. 名前が似ているだけでアート引越センターとは何も関係がない
  2. 支社が少ないため土地勘が鈍く長距離引越しにも向いていない
  3. 営業マンの対応も決して良いものとは言えない
  4. 引越し料金だけは安い(当日追加料金を請求される可能性はある)

これらの点を踏まえて言えることは、アーク引越センターの見積もりは取っておいた方がよいということです。

それは、決してアーク引越センターに引越しを任せるべきであるということではなく、複数の業者から「相見積もり」を取る際に、アーク引越センターの見積書は非常に強力な武器となるからです。

大手引越し業者の営業マンにとって一番嫌なのは、自分が見積もりに入る前に中小引越し業者の見積もりが終わっていて、激安の相場観をあなたが抱いてしまっていることです。こうなってしまえば、「同じ場所から同じ場所へ同じ量の家財を持っていくのに、なんでこんなに料金が違うんだ。」の一点張りで値引き交渉を進めていくことができます。

引越しはサービス業であり、形のない物に料金を設定しているという以上、これを上手くあなたに説明できる営業マンはとても少ないです。仮に説明があったとしても、何でそうなるのかを執拗に質問していけば、営業マンも折れて値引きをしてくれるでしょう。

もちろん、アーク引越センターの営業マンの対応が良く、作業や料金についても納得ができたというのであれば、その場で即決をしても構いません。私は酷評をしましたが、アーク引越センターの営業マンの中には評判を払拭できるような人もいることは事実です。

そして、前述の通りアーク引越センターは引越し見積もりサイトを利用すれば必ずと言っていいほど見積もり予約をすることができます。アーク引越センター以外の見積もりを予約するためにも、引越し見積もりサイトを利用して見積もり予約をするようにしましょう。