2階キッチンの新居へ引越し~冷蔵庫や大型家財が搬入できないケース

2階キッチンの新居に大型家電・家具を搬入する方法
ちはる
新居は2階にキッチンがあります。引越しの見積もりを取った際に「冷蔵庫が2階に上がらない可能性が高い」と言われました。建売住宅なのでこちらから設計に口を出してはいないのですが、「できない」と言われても生活があるので困ります。
のぼる店員
冷蔵庫などの大きな家電を2階に搬入するには、階段で搬入できるだけの広さが確保されているか、冷蔵庫を吊り上げるためのスペースが確保されていないといけません。吊り上げができない条件の物件で、階段も狭い場合は家電の買い替えを視野に入れて下さい。
ちはる
そんな…なんとかできないの?
のぼる店員
入り口を壊したり方法はいくらでもありますよ。しかし、入らないケースにおける「最安の方法」はやはり買い替え。あるいは相見積もりを取得しながら安い方法を探してもらうしかありません。

引越し時、家財を新居に搬入できないケース

引越しの営業マンは見積もり時に、家財の量と「どうやって家財を搬入するか」について確認しながら引越し料金を算出しています。

新居が一戸建ての場合は、特別慎重に確認していかなければいけません。なぜなら、どうやっても新居に搬入できない家財があるかもしれないからです。

こういったトラブルは自分で設計に携わる「注文住宅」に引越しする際によく見られるのですが、建売住宅やマンションに引越しするからといって安心はできません。

2階に家財を搬入できない条件

当前ですが、家を建築するにあたってハウスメーカーや不動産会社は建築法を順守して行います。「建築法に則っている」と聞けば、特に問題なく家財を搬入できそうな気がしますが、建築法と家財の搬入しやすさはまったく関係ありません。

建築法とは、建築物の安全や美観を守るために制定されているものであり、家財の搬入については一切触れていないからです。

また、景観の良いオシャレな物件(デザイナーズ物件)は、引越し条件が極めて悪いといっても過言ではありません。

バルコニーが道路に面していないと搬入できない

住宅が密集しておりバルコニーからの搬入が困難

建物の見た目・外観を重視するあまり、バルコニーが家の前の道路に面していない物件が多く見られるようになりましたが、こういった物件では基本的に、450リットル以上の冷蔵庫や解体できないベッド(特にIKEA製品は不可)などの大きい家財は、2階に搬入できないことが多いです。なぜなら、2階へ家財を搬入する経路は以下の3つのみだからです。

  • 階段(住戸内・人力)
  • バルコニー(ユニック車)
  • その他の隙間(人力・手吊り)

階段で家財が持ち上がらなかった場合、引越し業者では家財吊り上げ専門の業者に委託して、家財を吊り上げてもらいます。引越し業者でもできないことはないのですが、ユニック車と呼ばれる吊り上げ専用の車両を所持している引越し業者は少なく、人力で持ち上げるとなると大勢の作業員を必要とする点から、別業者に委託した方が早くて安いからです。

ユニック車を利用するためには、バルコニーがユニック車の留め位置と面していなければいけないため、バルコニーが道路に面していなければユニック車を利用することはできません。

例えば住宅が密集しているケース、物理的に高さが届かないタワーマンション、バルコニーが線路沿いになっている場合など。

家財吊り上げ専門業者が手吊りを行うための条件

残る手は人力による「手吊り」の作業のみですが、手吊りを行うには以下の条件が必要になります。

  1. バルコニーの下に十分な作業スペースが確保されている(庭のようなスペースがある)
  2. 作業スペースまで冷蔵庫を持っていける
  3. 作業スペースがない場合、道路に面している方に大きな窓がある(冷蔵庫の幅・高さ共にピッタリだと小さい。約1.5倍ほどあるとよい)

条件「③」の「大きな窓」については、引越しの営業マンではできるかどうかの識別が難しく、家財吊り上げ専門業者の下見が必須となります。これらの条件を満たしていない場合、大きな家財を2階に搬入することはできません。

のぼる店員
引越しの営業マンの中には、こういった条件でも「うちの会社なら大丈夫です!上げられます!」と無責任な契約を結ぶ者がいますが、正直言って信用するべきではありません。吊り上げについては、営業マンができると言っても、ふたを開けたらできなかったということは日常茶飯事です。

引越し見積もり時の吊り上げ説明は営業マンの経験値が計れる

大型家財の2階搬入というのは引越し業者にとってとてもデリケートな問題です。作業員と会社(引越し業者)は、家財を無理やり入れて、物損事故を起こすようなリスクを負いたくないからです。

しかし営業マンの中には、会社や作業員の気持ち、物損事故や瑕疵のリスクを一切考えず「うちの作業員ならできるので、安心して任せてください!」と無責任なことを言う者がいます。

多くの営業マンから2階搬入を断られた後にそのような言葉を投げかけられると、非常にホッとすると思いますが、どの引越し業者も背負うリスクは一緒です他の業者ができないと言う中、その業者だけできると言うのであれば、確実に搬入できる証明・理由がなければ任せてはいけません。

「作業員はプロですから」や「過去に同じくらいの作業をしたことがあるんですよ」といった言葉は引越し業者におけるセールストークのため、まったくあてになりません。

作業員が階段からの搬入にチャレンジして、運よく搬入できたというケースは確かにありますが、ベテランの引越し営業マンでも判断を誤ることすらあるほど見極めが難しい問題です。普通の営業マンや作業員であれば、相談しても「やってみてダメだったら諦めてください」と釘を刺します。

もし本当に搬入にチャレンジしてダメであったら、家財は小さい物に買い替えなければいけません。500リットルの冷蔵庫が搬入できないから、200~300リットル程度の単身用冷蔵庫を2つ買わないといけなくなったというケースも数々見てきました。

できる引越し営業マンであればそういったリスクやケースについても紹介してくれますし、見積もりの時点から、引越し業者で売っているダウンサイズした冷蔵庫の料金を入れた引越し料金を提示してくれるということもあります。そうした営業マンを探すためにも「相見積もり」というのは重要なのです。ただただ甘い言葉を吐く営業マンには騙されないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です