IKEA家具を引越し業者が嫌う理由~分解・再組立を依頼したい

北欧風のインテリア
ちはる
とってもおしゃれでリーズナブルなIKEAの家具。しかし、IKEAの家具を引越し業者は運んでもらえないと友人から聞きました。それは本当なのでしょうか?
のぼる店員
一部の引越し業者ではIKEA製家具の搬送を拒否していますが、すべての引越し業者で拒否されているわけではありません。しかし、IKEA製家具は引越しの現場作業員では分解できないものばかりで、別途で分解を手配しないと新居へ持っていけないこともあります。分解・組み立てについては見積もり時点で営業マンに相談してください。

IKEAの家具は引越し業者で運べないって本当?

デザインの良さや手ごろな値段などから、IKEA製の家具を持っている家庭はとても増えてきています。そうした家庭で引越しをすることになれば、当然IKEA製の家具も引越し業者に運んでもらう必要があります。

すべてのIKEA製家具がそうというわけではないのですが、IKEA製の家具は桐箪笥に並ぶほど「運びたくない家具」と言われています。

見積もり時にも、引越しの営業マンがIKEA製の家具を見るや否や、

のぼる店員
IKEA製の家具ですか…。これは厄介ですね。

と苦い顔をすることも多く、実際に搬送することを拒否される場合もあるのです。

なぜ、引越し業者がIKEA製の家具を運ぶことを拒否するのかというと、IKEA製の家具は引越し時に新居へ持っていくことを前提として作られていないからです。

IKEA製の家具を運べない理由

なぜIKEAの家具が引越しに向かないのかというと、それは一度組み立てたら分解することが困難な家具が多いからです。

IKEAは、木製やステンレス製の家具を多く取り扱っているメーカーですが、バラバラの状態で家具を販売しているため、家具が自宅に届いたら、自分で組み立てるか組み立て専門業者に組み立ててもらわなければ家具として使用することができません。

引越し業者がIKEA製の家具を嫌う理由は、木製・ステンレス製によって少し違いますが、両方に言えることは、分解・再組立を前提とした造りをしていないということです。

イケアの家具の大半は組み立て式ですが、完成後に解体することを前提として設計されておりません。そのため一旦解体した家具を再組み立てした場合、ネジ穴やパーツに設計以上のすき間が発生し、製品全体が本来の性能を満たせなくなることがございます。

組み立てた家具を解体して再度組み直すことはできますか?|IKEA

IKEA木製家具の場合

購入した家具が「木製」であれば、組み立て時にはビスや鉄ネジなどを使わず部品同士をかみ合わせるか、つなぎ目にボンドを塗って強度を強くしています。木同士を組み合わせて強度を強くした家具を分解すると、次組み立てたときにはつなぎ目がぶかぶかになり、組み立てられても元の強度を維持できません。

首の通らないセーターを無理矢理伸ばして首を通したとすると、次そのセーターを着るときには首の部分がぶかぶかになっていますよね。あれと同じ現象が、木同士に起きているということなのです。

ボンドでつなぎ合わせていいるときは、分解してもボンドで付け直せばいいのではないかと思いますが、IKEAがボンドを使う理由は「つなぎ目をより強固なものにしたいから」なので、無理に分解しようとすれば元々あったつなぎ目のビス部分が折れる可能性があり、再組立が不可能になる場合が多いのです。

つまり、ネジを使わない木製の家具を分解するということは、簡単に言えば「家具を壊す」ということなのです。

大きな家具になると鉄の部品を使ってつなぎ合わせていることもありますが、あなたが想像しているようなドライバーで簡単に取れる鉄ネジではなく、簡易的な六角レンチでネジを閉めます。

これは「家具を組み立てる工具」であり、分解時に使うものではなく、仮にネジを外そうと思っても外せません。

IKEAステンレス製家具の場合

IKEAのステンレス家具の分解・組み立てを引越し業者が嫌がる理由は、無料で行える家具の分解サービスの範疇を超えていて、かつ一日作業になることもあるからです。

この作業は非常に難解で、家財を運ぶ専門の引越し現場作業員では業務の範囲外なのです。分解作業をするとしても一日作業になるので、引越し作業と並行して分解・組み立てをするということは不可能でしょう。

引越しするならIKEA製の家具は買い替えた方がいい!

以上の点から、IKEA製の家具は引越し業者から嫌われており、一部引越し業者では搬送自体を拒否されることがあるというわけです。もちろん、分解せずでも玄関や部屋の扉から出せる、チェストのような家具であれば問題なく運ぶことができます。それでも「壊れても責任を取らない」と念押しされてしまうのがIKEA製の家具です。無理して引越し業者にIKEA製家具を運ばせて、家屋を傷つけてしまっては元も子もなく、かえって高く付いてしまうこともあります。

様々なお客様の自宅に引越しの営業マンとして訪問した私から言わせてもらうと、引越しをするなら今使っているIKEA製の家具は処分して、新しい家具を買った方がよいというのが結論です。

IKEA製家具の分解・再組立を料金パックに組み入れている業者も存在しますが、そのほとんどは個人又は中小の引越し業者です。仮にIKEA家具に関する悩みを解決できたとしても、それ以外の保証や事務手続きについて不安が残ります。また、IKEAに限らず組み立て式の家具(ニトリなど)は一度分解してしまえば当初の家具の状態よりは確実に強度が劣り、壊れやすくなっています。専門の業者に頼めば安心というわけでもないのです。

総合的に考えてIKEA家具の分解・組み立てを業者に任せるというのはリスクが大きく、それなら買い替えを前提とした引越し料金の値引き交渉に力を入れた方が圧倒的にお得です。

IKEAの本社があるスウェーデンでは、引越し時に新居へ家具を持っていく風習はないと言います。日本のように家を転々とする文化が無く、引越しするとしても家具は買い換える習慣なので、IKEAの家具は安くてデザイン重視なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です