セイノー引越の評判・口コミ~ブランド品買い取りをおこなっている希少な引越し業者

ちはる
お隣さんが「カンガルー便」を使って引越しをしたそうなんです。カンガルー便と言えば物流会社の「西濃運輸」ですよね。「安いからちはるさんも使ってみたら?」とおすすめされましたが、実際口コミなどはどうなのでしょうか?
のぼる店員
それは「セイノー引越」という西濃運輸の引越し事業部ですね。セイノー引越のおこなっているサービスは、普通の引越し業者ではあまり見られないユニークなもので、それを目当てに利用する人も多いです。利用するメリットがハッキリしている会社なので、そちらを中心に説明をしていきたいと思います。

西濃運輸の引越し!セイノー引越とは

セイノー引越の「カンガルー引越便」は、物流会社大手の西濃運輸を擁する「セイノーグループ」傘下にある引越し事業部「セイノー引越株式会社」の通称です。平成15年に正式な会社として分かれた比較的新しい引越し業者です。

業務としては法人・個人引越しと大型家具・家電の輸送と設置のサービスだけでなく、古着・ブランド品の買い取りなどユニークなサービスをおこなっています。

引越し見積もりサイトには「カンガルー引越し便」として提携を結んでいることもありますが、提携しているサイトが少なく地域も限定されていることから見積もり候補として挙がって来ることは少ないでしょう。それなりに長い間引越しの営業マンとして勤めた私も見積書を見ることがほとんどありませんでした。

セイノー引越には「不要品買い取りサービス」が存在する

多くの引越し業者では、「家電リサイクル法」に該当する4つの家電(テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯・乾燥機、エアコン)以外の家財を処分してもらうことは難しい現状です。

参考:不用品の処分・買取は引越し業者に任せられるの?

しかし、セイノー引越には「エコループ」という不要品回収システムがあり、いらなくなった家具・家電の処分だけでなく、ブランドバッグ、腕時計、宝石やプラチナなど「買い取り」をしてもらえる場合があります。

リサイクルショップを子会社に持っている引越し業者であれば、上記家電以外も引き取ってくれることはありますが、あくまで有料もしくは無料の「引き取り」であり、「買い取り」をおこなっている業者はほとんどありません。

セイノー引越で買い取ってもらえる品目はどれも質屋やリサイクルショップで売れるものばかりですが、売りたいと思っている商品ごとに個別の業者へ連絡・見積もりを取らなければいけないため、とても手間がかかります。しかしエコループを利用すれば、買い取り品をまとめて売却可能、不要品を入れるダンボールはセイノー引越が用意、不要品は引越し日当日に回収と、不要品を売る際の手間がかかりません。

セイノー引越は、不用品の処分と引越しを同時に済ませたいという人に向いています

エコループ対象品目

  • コミック・書籍
  • DVD、CD、ゲームソフト
  • ブランドバッグ、時計、ブランド服
  • 金、プラチナ、宝石
  • 携帯電話、デジタル家電
  • カメラゴルフクラブ、釣具、楽器
  • フィギュア、ブリキ玩具

セイノー引越の単身パックは他社と比べても使いやすい

セイノー引越の展開する「単身パック」は、他の物流会社と比べて使いやすい仕様になっています。なぜなら、セイノー引越の単身パックにはサイズの異なる2つのかご台車が存在し、他業者よりも無駄金を払わなくても済むからです。

単身パックの欠点は、「かご台車に入れる家財がダンボール一つだけでもかご台車1台分の料金が取られる」ということです。例えば、家財がかご台車1台とダンボール一個という状況になれば、かご台車2台分の料金を取られてしまいます。

引越しの単身パックに利用するカゴ台車のデメリット

それならば少し大きいかご台車を使えばよいのではと思うでしょうが、セイノー引越以外の業者が展開する単身パックでは、かご台車を1種類しか使っていないことが多いため、中々使い勝手が悪いです。

しかし、セイノー引越には多くの業者が単身パックに使っている「1,1㎥」のかご台車と、それよりもワンサイズ大きい「2,5㎥」のかご台車という2種類が用意されているため、単身パックだと割高になってしまうという人でも損せず単身パックを利用できるのです。

また、2,5㎥のかご台車を利用した際の料金は、1,1㎥のかご台車に比べて3,000~6,000円程度高くなるだけなので、かご台車を倍にすれば料金も倍になるという他業者の単身パックよりもお得。

他社が嫌がる自転車の輸送も任せられる

さらに、かご台車に積むことが難しい自転車等の搬送は単身パックを利用する場合は拒否をされることが多いのですが、セイノー引越は追加料金を払うだけで引越し先まで持っていってくれるため、非常に便利です。

単身パックで引越しをしたいけど、どの業者を使えばよいか分からないという人は、セイノー引越の見積もりを取ってみるとよいでしょう。

セイノー引越のデメリット~引越し専業に任せるより品質が低い

これはすべての引越兼業業者に言えることですが、引越兼業の物流会社に引越しを任せた場合、引越しを主な業務としておこなっている引越専業業者に任せたときよりも作業品質が低くなってしまう傾向にあります。

元引越し営業マンであり現場作業も一通り経験した私からすれば、上の写真からは以下のような問題点が挙げられます。

  1. ダンボールの置き方が乱雑
  2. 奥に詰めていないため倒れる可能性あり
    後々整理する可能性もある
  3. 壁に貼る養生の形跡が見当たらない
    外にすべて出しているというのであれば数が少ない
  4. 高額商品であるロードバイクの梱包がダンボールでおこなわれている
    顧客本人がやっている可能性もあるが、普通はその上から梱包資材をかける

もちろん、この写真だけでセイノー引越の作業品質を悪いと言い切ることはできません。これはあくまで一例であり、素晴らしい引越し作業員がセイノー引越で働いている可能性も大いにあります

しかし、顧客が家財の積まれたトラックの中身の写真を撮るという状況は、引越し作業完了後の確認であることが多いため、ここから先何か作業がおこなわれるというのは考えにくい。一応、セイノー引越は標準引越運送約款に基づいて引越し作業をおこなっているため、搬送中に家財が破損・紛失した場合の補償はしっかりとしている方ではあるのですが、作業の品質メインで引越し業者を選びたいということであれば、セイノー引越をおすすめすることはできません。

引越し見積もりサイトにセイノー引越が候補に挙がらない

引越し見積もりサイト大手の「引越し侍」では、「カンガルー便」の名前で提携をしてはいるものの、地域が四国・中国地方限定です。それ以外の地域に該当する人が引越し侍を使っても、セイノー引越は候補に挙がってきません。

しかし、セイノー引越は西濃運輸協力の下で全国展開をしているため、見積もりを取ろうと思えば47都道府県どこにいても見積もりを取ることができるはずです。セイノー引越を利用したいという人は、セイノー引越のフリーダイヤルに連絡をして直接見積もり依頼をかけないといけません。

セイノー引越フリーダイヤル:0120-754ー754

セイノー引越と他の引越し兼業業者との違い

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)との違い

ヤマトホームコンビニエンスの単身用引越しトラック

ヤマトホームコンビニエンスとセイノー引越との違いは、「単身パックの使いやすさ」「重量物の扱い方」にあります。

単身パックの使いやすさ

セイノー引越は、自転車などかご台車に乗りにくい家財についてはかご台車に乗せず「追加料金(オプション)」で運んでもらうことができるため、交渉によっては無料で運んでもらうこともできます。

しかし、ヤマトホームコンビニエンスの場合は十中八九かご台車換算をされることになるため、一万円以上値上がりすることになる場合があります。

もちろんヤマトホームコンビニエンスでも自転車を運んでもらうこともできますが、その場合は単身パックではなく通常の引越しとして見積もりしてもらった方が安くなる可能性が高いため、単身パックの使いやすさはセイノー引越に軍配が上がります

重量物の扱い方

セイノー引越は「ピアノ・バイク・乗用車の搬送は専門業者を利用する」とサイト上で記載されています。これだけの記載では冷蔵庫の搬出入は誰がやるのか、料金はどのくらいかかるのかということが不透明であり、当日見積もりに来た営業マンから価格をボッタクられる可能性があります。

しかし、ヤマトホームコンビニエンスはピアノを含む重量物の搬出入は自社、車・バイクの搬送は専門業者となっていて、専門業者の範囲である車・バイクの搬送についても料金表が用意されていたりと、重量物の搬送については信頼がおけます。

そのため、重量物の取り扱いについてはヤマトホームコンビニエンスに軍配が上がります

また、ヤマトホームコンビニエンスでは引越し業者では珍しいペット輸送をおこなっている業者であるため、ペットを搬送したいという人はヤマトホームコンビニエンスを利用するとよいでしょう。

日本通運との違い

日本通運とセイノー引越との違いは、「見積もり依頼のしやすさ」です。

日本通運のサイトはかなり優秀で、見積もり依頼のフォームが「単身パック」と「家族」で分かれているため、わざわざ自分から「単身パックを利用したい」と言わずとも単身パックの予約を取ることができます。

また、家財の量によっては訪問見積もりをせずに契約を結ぶこともできるため、相見積もりを取る予定のない人からすれば大幅に手間を省くことができます。もちろん、虚偽の報告をした場合は追加料金が発生するため注意しましょう。

セイノー引越のサイトには、引越しの見積もりを取るための情報を入力するフォームがなく、こちらから電話で見積もり依頼し、訪問見積もりで家財を確認してもらう以外に方法がありません。

引越し作業もヤマトホームコンビニエンスとよく似ていて、2種類のかご台車を持つセイノー引越の方が勝っており、重量物に関しては車・バイクを含むほぼすべての重量物を自社で運ぶ日本通運に軍配が上がります。

SGムービング(佐川急便)との違い

SGムービングとの大きな違いは、「チャータープラン」が存在するか否かという点です。

SGムービングには、家具の梱包を一切せずただ運ぶだけの「チャータープラン」があります。大型家財を運ぶ引越しの場合は選択肢に入りませんが、ダンボールなど作業員による梱包が必要ない家財しか運ばない場合において安全かつ大幅に値引きができます。

チャータープランは特に「単身引越し」を検討している方におすすめです。

セイノー引越はブランド品を処分したい単身女性におすすめ!

西濃運輸の引越し事業部「セイノー引越」は、ブランド品などの買い取り事業、懐が広く使いやすい単身パックを用意していることなどから、大量のブランド品が家にあり、引越しを機にブランド品を処分したいと考えている女性におすすめの引越し業者です。

家族引越しでも利用することはできますが、重量物の取り扱い方については他の引越し専業と同じ、作業品質については引越専業よりは劣るということを考えると、わざわざセイノー引越を選ぶメリットは薄いと言えます。

セイノーグループとして全国47都道府県すべてに事業所があるため、沖縄行きの引越しを任せられるというのも物流会社特有のメリットと評価できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です