ボッタクリ注意!引越し業者にエアコン移設サービスを依頼する危険性

エアコン移設サービスを引越し業者に依頼するとぼったくられる可能性が高い
ちはる
今回の引越しではエアコンの移設が多く、引越し業者にすべて任せてしまおうと思っています。でも、引越し業者さんはエアコン移設のプロではありませんよね?トラブルの心配などはないのでしょうか?
のぼる店員
引越し業者にエアコン移設を頼んだ場合、電気工事専門の作業員(下請け)が来るため、作業は問題ありません。しかし、彼らの話を鵜呑みにしていると予想外の出費を強いられることになるため、何に費用がかかるのかを事前に聞いておくことが必要です。

引越し業者がエアコン移設工事をするわけではない

マンション・戸建て関係なく、部屋にエアコンがついていると、確実に引越しの営業マンから「エアコン工事はどうする予定ですか?」と聞かれます。

引越し業者では洗濯機の取り付けと同じように、エアコンの移設サービスも提供していることが多く、見積もり段階で追加オプションとして営業してくるはずです。

ただその作業を引越しの作業員に任せても大丈夫なのだろうか?という疑問は残りますよね。結論から言うとその心配は無用です。というのも、引越しの現場作業員がエアコンの取り外し・取り付けを行うことはないからです。引越し業者の多くは電気工事を専門に行う子会社や下請けを持っていることが多く、そこに依頼をするため作業そのものは問題ありません。

※引越し兼業業者(運送会社)や協同組合(赤帽ハトのマークの引越センター)、その他中小引越し業者の場合、自社作業員で行うこともあります。特に赤帽やハトのマークの引越センターは個人事業主集団なので、自分たちでエアコンの移設まで行っていることが多いです。

ただこの電気工事専門の子会社に対する苦情は非常に多く、苦情内容はほとんど共通しています。私自身この電気工事の子会社に対して、担当したお客様の代弁者として苦情を入れたことすらあります。

以下にまとめるエアコン工事トラブルは引越し・移設前に必ず頭に入れておいて下さい。

「追加部品代を払わないと工事できない」と言われた

電気工事を行った際に起こる苦情の堂々・圧倒的1位はこれです。

戸建ての2階へエアコンを取り付けるときに配管を伸ばす場合など、部品代が別途必要になるケースは仕方がありませんが、エアコンの性能が上がる部品を付けないと取り付けられないと言ってくる場合があるのです。

ほとんどの方はエアコンについてほとんど無知なので、専門用語を使って不安を煽られ、怖くなって料金を払ってしまいます。

引越し業者へ電気工事を任せると、実際に工事をするのは子会社の作業員のため、作業内容自体は知っていても、客(あなた)とどのような話をしているのかまでは知ることができません。

そのため、子会社の作業員は自分の好き勝手に工事をすることができるので、本来取り付けるだけなら必要ない部品を「これがないと取り付けられない」といって売りつけているのです。

作業員が部品代を欲しがるのは給与体系に理由がある

電気工事の子会社を持つ引越し業者では年に数回、電気工事の子会社の代表などから話をしてもらう機会があります。そこで私が聞いた話は、以下のような驚愕のものでした。

  • 部品代は作業員のインセンティブ(追加報酬)になるため、電話があったら営業マンから顧客に「断らないで」と伝えてほしい
  • うち(子会社)が儲からなくなるから、できるだけ部品代定額コースで契約しないでほしい

つまり、彼らは最初から部品代をボッタクる気でエアコンを取り付けに来ているのです。

そして、この話から分かるように作業員自身で責任を取る気も一切ないので、何か問題が起きれば「担当営業マンに電話してください」と営業マンに助け舟を出してもらおうとします。

担当営業マンに電話するときは絶対に叱ってはいけない

エアコンの移設を見積もり時に依頼する際、引越しの営業マンから「部品代がかかることは滅多にありません。」と言われているはずです。

実際に何軒も見積もりに回っている営業マンなら、どのエアコンが部品代がかかるのかわかります。だから営業マンもこの電気工事業者に腹が立っているのです。

しかしお客さんにとっては同じ系列の会社ですから、両方グルだと思って「話が違うぞ!」と怒りたくもなるでしょうが、そこはグッとこらえて下さい。なぜなら、担当営業マンさえ味方につけてしまえば、電気工事の作業員と話をつけてもらえるからです。

繰り返しになりますが、電気工事の子会社は最初から部品代をボッタクろうとして来ています。これは、親会社である引越し業者が何度言っても変わらない悪しき風習といってよいでしょう。

これを知らないがために「追加の部品=ないと取り付けられない部品」と勘違いしてしまう営業マンや顧客は多いものです。営業マンが勘違いをしている状況で感情的な話をしてしまうと、「追加部品代は別途と見積書にも記載していますので」と話を中断されるかもしれません。

そのため、営業マンに電話するときは「エアコン工事に追加部品代がかかると言われたのだが、作業員の説明が納得できないので、何とかしてくれないか」と頼んでみましょう。

ちはる
エアコンの移設は引越し日とは別の日に行われることが多いから、主人がいない日に対応しなければならないことが多いのね。怖いわ…。
のぼる店員
引越し業者のパンフレットを見ると、部品代定額の移設工事が紹介されていますが、通常移設に比べると料金が1.5~2倍近く上がることが多いです。このことから考えると、引越し業者へエアコン移設を任せるべきではないかもしれません。

エアコン移設工事は引越し業者以外にも任せられる

引越し業者にエアコン移設を任せるメリットは、引越しの見積もりと同時に手配できることと、追加料金の発生がやむを得ないものなのか、営業マンに確かめてもらえることです。

総合的な料金で見ると、引越し見積もりサイトで紹介してもらえるエアコン移設業者に任せた方が、安く移設できる傾向にあります。

作業に安心を求めるというのであれば、引越し業者の子会社へ任せるよりも、エアコンを買った電気屋で斡旋している業者に任せる方が圧倒的に安心できますし、ボッタクられる心配もありません。

どこに任せたとしても、本当に部品が必要になった場合は追加料金が発生します。そのため、追加料金が発生したときに一番納得ができる業者に任せた方がよいと言えるでしょう。

2 件のコメント

  • エアコンの取外し、取り付けの基本料金は14000円でした。
    しかし、追加料金が43200円もかかりました。
    穴埋めキャップ 2160円
    高所作業 5400円
    カバー再利用 6480円
    配管(7m) 22680円
    エアカットバルブ 3240円
    カバー (30cm) 3240円
    エアコンは3年半前に買った物で、配管カバーも付けていました。
    2階から2階への設置でしたが、高所作業代がかかることも、カバーを再利用したいと話した時に再利用料金がかかるとの説明もありませんでした。配管は足りない分だけの追加ではなく、総取替えになるそうです。
    設置が終わった後に金額の説明がありました。
    6畳用のエアコンだったので、安ければ新品を買える金額を払い、騙された気分です。
    もっと早くこのサイトを見つけていたら、買ったお店に相談したのに…

    • 高橋かおりさん。コメントありがとうございます。エアコン移設トラブルに遭い、大変な思いをされたそうですね。

      話の印象だとその作業員は「最初からボッタクる気で訪問している」可能性が高いです。恐らくこの手のやり方で顧客を騙し慣れているのでしょう。

      取り付け業者がエアコン設置後に追加料金の説明をするということは、絶対にあってはいけないことです。しかし、インセンティブを稼ぐために、顧客を騙そうとする作業員が多いことも事実。特に夏場にはエアコンが必要不可欠であるため、エアコン移設業者は今回のように強気の行動に出ることがあります。

      しかも、今回取り付けたエアカットバルブは騒音対策として優秀な部品ですが、エアコンを動かすだけならば本来必要のない部品です。もし、それらの部品が引越し先に必要不可欠でないのに取り付けられている場合、エアコン移設を担当した作業員は最初から騙そうと思って工事に来ています。

      こういった悪質業者を引越し業者から斡旋されないためにも、エアコンの移設についても相見積もりを取るべきです。貴重なお話ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です