引越しのタイミングでエアコンは買い替えるべき?

ちはる
引越しを機にエアコンを買い替えるかどうか悩んでいます。長年使っているのでかなり効きが悪くなってきました。
のぼる店員
エアコンの平均寿命は約10年と言われています。日本製のものであれば10年を過ぎても使い続けることはできますが、古いエアコンは電力を余計に消費しているため、引越しのタイミングでエアコンを買い替える方は多いです。ちなみに、エアコンの購入から処分まで、引越し業者に任せることができるので、営業マンに相談してみましょう。

エアコンの寿命は平均10年

大型家電を引越しの機会に買い替えてしまおうと考えている人は多く、その中でもエアコンについては多くのお客様からご相談を受けることがあります。

冷蔵庫や洗濯機はなくてはならない家電のため、自己判断が付きやすいですが、生活を豊かにするためのエアコンなどの家電は、「使えなくなるまで使わないともったいない」と考える一方、実はエアコンの性能に納得がいっておらず、取り外さなければいけない機会にどうしようか悩む方が多いからでしょう。

PL法(製造物責任法)では、エアコンの引き渡しから10年間が業者の損害賠償対象年数であること、最低保有期間(エアコンを修理するための部品を企業が保有している期間)がおおよそ10年でありそれ以降は修理を受け付けてくれないことから、購入から10年を過ぎたエアコンは買い替えるべきだと言われています。

しかし、これはあくまで保証面から考えたものであり、10年を過ぎていなくてもエアコンの買い替えをした方がよい場合もあります。

エアコンの買い替えサイン

エアコンの使用期間が10年を過ぎていなくても、下記のような症状が見られたら、メーカーへ問い合わせるかエアコンの買い替えを視野に入れ引越しの準備を進めましょう。

エアコンをつけていると異音がする

フィルターが詰まっているだけでも「カラカラ」といった音がするため、100%故障とは言い切れませんが、エアコンを使っているときの異音が気になる場合は、内部故障している場合が考えられます。

故障が確認されたなら、使用期間が10年を過ぎている場合は即買い替え、10年未満の場合はメーカーへ相談しましょう。

エアコンをつけると風が臭い

単にフィルターの汚れが原因であれば、洗浄すれば済む話ですが、フィルターの奥の機械が原因で異臭を放っている場合は、専門業者によるエアコンの内部クリーニングが必要になります。

エアコンクリーニングを業者に依頼すると費用は15,000円~20,000円とそれなりにかかりますが、それをケチって自分で掃除しようとすると、ほぼ100%故障します。エアコンは細部の部品が細かく、特にフィン(熱交換器)と送風ファンの掃除には細心の注意を払わなければなりません。市販の洗浄スプレーなどを利用してしまうと、洗浄液が逆流し電子盤やモーターに吹きかかる恐れがあります。

エアコンがまったく効かない

エアコンをつけても効果が薄い、効きが悪いという理由で買い替えを考えている人も多いのではないでしょうか。事実、エアコンの寿命が近づいていると、エアコンの効きはとても悪くなります。

エアコンの効きが悪くなる原因は、機械の調子が悪くなってきている、もしくは冷媒ガスが切れかけているかのどちらかです。

専門業者に冷媒ガスの充填だけを頼むことはできますが、これも有料であり、費用は大体15,000円~25,000円近くかかります。場合によっては冷媒ガスを充填しても改善されないこともあるため、買い替えるのが得策と言えるでしょう。

室内機からの水漏れ

現時点でエアコンから水が漏れているにも関わらずエアコンを使用している場合は、直ちに原因を調べましょう

エアコン内部の汚れが原因で水漏れが起きている場合は掃除で改善されることが多いですが、ドレンホースと呼ばれるエアコンの排水経路の汚れやつまりが原因の場合は、新居に取り付ける際にドレンホースの交換が必要になります

引越し業者にエアコン移設を申し込むと、エアコン移設業者に「ドレンホースを交換しないか」というセールストークをされることが多いです。

リモコンの電池を変えても操作できない

リモコンが反応しない、音はするけど風向きを変えるファンが動かない、リモコンのボタンと違う機能のスイッチが入ってしまうなど、動作不良を起こしている場合も買い替えのサインと言えるでしょう。

買い直したばかりのエアコンでそのような動作が起きる場合は、リモコンに問題がある可能性もあるため、念のためメーカーに問い合わせるようにしましょう。

電源を入れるとブレーカーが落ちる

エアコン内部でショート・漏電している可能性があるため、直ちに修理に出すか買い替えるかしましょう。

のぼる店員
使える・使えないも大事ですが、技術の違いなどが原因で、古いエアコンは最新式のエアコンに比べて余計に電力を消費しています。長く使うことを考えたら、取り付け料金を無駄に払うより新しいエアコンに買い替える方が賢い判断と言えるでしょう。

クリーニングもエアコン販売も引越し業者に任せられる

あまり知られていませんが、エアコンの販売からクリーニング、古いエアコンの処分に至るまで、大手の引越し業者ならエアコン周りのすべてを手配することができます。

大手引越し業者には物品販売専門の部門が存在し、引越し業者のパンフレットを見ればどんな家電を取り扱っているのかを簡単に確認することができます。また、パンフレットに載っていない、1期前のエアコンを値引きして購入できる場合もあるため、担当営業マンに相談してみましょう。

エアコンの内部クリーニングは、引越し業者のエアコン移設サービスをおこなっている子会社に任せることができるため、こちらも合わせて確認するようにしましょう。移設業者が来た際に「クリーニングしてほしい」と言えば持っていってくれるため、見積もり時に保留したとしても問題はありません。

エアコンの処分は、家電リサイクル法で料金が決められているため、引越し業者でも問題なく取り扱うことができます。

エアコンは見てから決めたいという方は、是非引越し業者のパンフレットを電気屋に持っていきましょう。引越し業者のエアコンの料金は、取り付け代込みの価格であることが多く、トータルで見れば電気屋の表示価格よりも安いため、電気屋との値段交渉にも有効活用することができます。

年々温暖化が進行していく中で、エアコンが効かなくなってしまうのは死活問題です。無条件で家電を見直せるタイミングは、引越し以外にはありません。引越しのタイミングでエアコンを買い替えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です