引越し挨拶の相場はどれくらい?渡さなくても大丈夫?

引越し挨拶の相場に関するイメージ
ちはる
荷造りも終わり、引越しの準備はほぼ完了したのですが、引越し挨拶の粗品を用意するのを忘れていました。今になって粗品を近所に配っても大丈夫なのでしょうか?仮に配るとしたら、いくらぐらいの物を買えばよいのでしょうか?
のぼる店員
実際に見積もりに回っている印象では、引越しの挨拶を渡そうと考えている方はそう多くはなく、徐々にその習慣が薄まりつつあります。引越し挨拶の相場は、一軒につき500~1500円程度で、高くても2000円までの物が後廃れがなくてよいでしょう。

引越し挨拶の粗品は必ずしも用意する必要はない

引越し挨拶の粗品は何を渡せばいいのだろう?
そもそも私が引越し挨拶をもらったことがないし…

ということで、引越しを考える方にとって「引越し挨拶を渡すべきか」というのは一つの悩み事ではないかと思います。

実際に私が見積もりに回っていた感覚からすると、引越し挨拶の粗品を用意したカタログから購入している方はかなり少ない印象でした。

引越し業者では引越し挨拶用の商品も取り扱っているため、引越しの営業マンが購入をすすめることもあります。もちろん私も引越し挨拶の粗品について営業しますが、ほとんどのお客さまがその必要性について驚かれることばかりでした。

長期在住目的の住居であれば引越し挨拶の粗品は購入すべき

私も企業に従事する引越しの営業マンであったため、お客さまに対しては「絶対に用意するべきです!」とは答えていました。しかしその感情は、現場を離れ損得勘定を抜きにした今でも変わっていません。

なぜなら、引越し挨拶を近所に配ることで自動的に近所と関りを持つことになり、どんな物であれプレゼントを貰ったら、くれた人に対して悪い印象を持つことはないからです。近所付き合いを良い印象でスタートさせたいと考えるのであれば、引越し挨拶の粗品は必要でしょう。

また、数軒分の粗品を購入するとなったとしても、引越し挨拶の相場は大して高くないため、できるだけ購入しておいた方が無難です。

 

引越し挨拶のギフト相場は500~1500円

気になる引越し挨拶のギフトの相場ですが、私が担当したお客様の中では一軒あたり500~1500円程度でした。私自身が見積もり時におすすめしていた引越し挨拶も500~1500円の物ばかりで、それをそのまま購入するケースが多かったです。

しかし個人的な感覚としては500円のギフトで十分だと思います。

なぜなら、「挨拶に行くこと・粗品をプレゼントすること」が引越し挨拶の目的であり、あまりにも高い粗品を渡してしまうと「見栄っ張り」「怖い」という印象を持つ方も多いからです。特に現代日本の風潮からしても、適度な距離感を保つことが重要と言えます。

確かに500円は安すぎると思うかもしれませんが、実は引越し挨拶用の粗品は安くても見栄えの良い物が多く、500円には見えないものがたくさんあります。例えば、「高島屋」などで販売されている引越し用の挨拶を500円で買うことができる引越し業者もあります。

更に引越し業者で引越し挨拶を購入すれば、引越し日当日にトラックに載せて持ってきてくれるので、百貨店に行く手間や複数の粗品を家まで持って帰る労力が省けます。

そして、引越し当日に近所へ挨拶をしに行くのであれば、現場作業員に「引越し挨拶を手伝ってくれ」と言えば快く手伝ってくれるため、引越し挨拶に一人で行く際に緊張してしまいそうだという方は利用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です